お知らせ

2022年8月11日更新

2分で解説 「東電株主代表訴訟判決の影響」

2022年7月13日、東電株主代表訴訟の地裁判決で、東電元幹部4人に13兆円を超える賠償の支払いが言い渡されました。
この判決と刑事裁判一審判決の関係について、海渡雄一弁護士が2分で解説する動画です。
ぜひご覧ください!そして多くの方に広めてください!

 

緊急署名を呼びかけます!

緊急署名 「一審判決を破棄し公正な判決を求める署名」をお願いします!

福島原発刑事訴訟支援団・福島原発告訴団は、東京高裁・細田啓介裁判長に提出する署名活動を開始します。

夏前には最高裁が国家賠償責任について統一判断を下します。7月13日には東電株主代表訴訟の東京地裁判決が言い渡されます。これらの裁判では、刑事訴訟と同じ証拠が取り調べられており、刑事裁判でも拙速な判断をせず、これら裁判の内容を吟味した上で判断を行うべきです。

★第三次提出は秋ごろを予定しています。 まだ間に合いますのでご協力ください!

詳細ページはこちら

ネット署名もできます。 Change.orgの署名ページはこちら

印刷用のPDFを表示する場合はこちら

 
2019年9月19日に東京地裁が下した全員無罪判決に対し、指定弁護士が控訴していましたが、今年の11月2日に控訴審第一回公判が開かれました。一審で明らかになった数々の事実。これが無罪であるとは到底思えない納得のいかない判決について、東京高裁の法廷にて改めて審理されます。
指定弁護士が作成した控訴趣意書はこちら

映画『東電刑事裁判 不当判決』A5パンフレット(PDF・3MB)
https://shien-dan.org/wp-content/uploads/movie-201911-a5_rs.pdf